FC2ブログ

ある禅僧の言葉

 とある禅僧の師家が「毎回同じことの繰り返しの中に同じじゃない事を知る(感じる)事が大切」だと仰っていたが、
何事も受け手の力量により如何様にも世界が変わるという事か・・・・・。

 かの有名な達磨大師は、少林寺にてひたすら「壁」に向かって九年後悟りを開いたそうだが、「同じことを繰り返す=日々新しい事を重ねる」という一見相反する事の様だが、ついつい最新の情報を多く欲する私達にとっても、一行一句を熟解する質素且つ深い学びが、上達の近道だと思い知らされる今日この頃。

関東・東北ブロック 「教授香司講習会」開催しました

 薫物屋香楽認定 教授香司 関東・東北ブロック講習会を20日土曜日に行いました。
今回の教授香司講習会はコロナ自粛後初の講習会でしたので久々にみなさんとお会いすることができ良かったです。

 今回の内容は「明治時代の薫物調合」再現で、5種類の薫物を参加者それぞれが作りました。
この明治の調合はある意味斬新(悪い意味)で、実際に合わせてみるまで想像し難いものでしたが、出来上がった香りは何ら悪い事もなく、この様な考え方もあるのか・・・・・と勉強させてもらう。

 お香の調合は尽きないなぁとあらためて思う。


 

教室再開しました

 いよいよ本日から教室を再開します。
通常よりも受講者同士のスペース確保、常時換気など可能な限りの感染防止策を行っております。
時節柄共々、ジメジメとした雰囲気ですが、お香を通じて楽しさや癒しを提供できれば幸いです。



教室

受講定員を通常より少なくすると共に、受講者同士の間隔の確保、飛散防止パネルの設置等
皆様方に安心して受講いただけるようにしています。

薫物屋香楽 「お香作り体験教室」明日からスタートします。

 新型コロナウイルスの関係で長らくお休みさせて頂いておりました、「お香作り体験」が明日から再開します。

今年に入り新型コロナの流行、オリンピックの中止、日本各地で頻発するマグニチュード5クラスの地震など日本全体を覆うどんよりとした空気はまさに梅雨です。

 その様な雰囲気の中だからこそ、お香がもつ力を皆様と共有できれば・・・・・・・。
今日も元気一杯頑張ってまいります!!

遂に完成です。

 東大寺(正倉院)宝物などの修復・再現などをされていて、NHKにも出演するなど、その世界では有名な奈良の名匠・歓峰さんに
ご縁を頂いておりました関係で「白檀原木」で何か面白いものが出来ませんか?とご相談させていただいていた所、作品にしてくださり本日先生の作品が届きました。

 見た途端に弊社社員一同「素晴らしい!!」の一言。技術力ある名工の手にかかるとこの様になるのか・・・・と感心すると共に自分への戒めにも・・・・。

 今後は歓峰さんにもご協力をいただき、少しづつですが販売出来れば・・・・と思っております。

塗香入れ
白檀の原木から彫りだされた「塗香入れ」2種。
手にするだけで白檀の薫りが漂う逸品となりました。 
「縦型」と「ひょうたん型」の意匠はともに歓峰さんのオリジナルです。



香合
これも見事な「柿型香合」です。
やや小振りで品のある大きさで、蓋にはなんと奈良では神の遣いとされる「鹿」の角を使用。
要するに同じ文様のものは二つとないという事・・・・・。

2品共に作者の心が感じられる逸品で、まさに一生もの。