FC2ブログ

薫物屋のきまぐれ その104【沈香を伐る・・・・】

 「伽羅」や「沈香」を躊躇いなく鋸でバサバサと伐るのは、お香屋か何かでないと勿体無くて中々出来ない事であるが、役得とでもいいましょうか、訳あって本日も恵まれた事に良質の沈香をバッサリいかせていただきました。

 鋸で沈香や伽羅を挽いていると、摩擦熱でその香木の持つ香りが漂い出し、この時点でそれら香木の良し悪しもはっきりと確認出来ます。 伽羅など質の良い香木を挽けば樹脂分(油)で鋸の目が直ぐに詰るので、目の粗い鋸を用いています。
しかし目の粗い鋸を用いると伐りやすくなるのですが、その分「挽き粉」と呼ぶ細かい屑も多く出ます。
この挽き粉はもちろん捨てる訳ではなく、「練香」作りなどに無駄なく用います。

 今日の沈香挽き粉も非常に良き香りがしていたので、練香作りが楽しみです。
プロフィール

薫物屋香楽

Author:薫物屋香楽
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード