FC2ブログ

商品のご案内 ローソク式簡易香炉 「百ノ重:もものえ」

 今回は、ローソク式簡易香炉「百ノ重」の使い方などをご案内させていただきます。

 古来よりお香を〈趣味〉で楽しむ際には、「香炉」「香炉灰」「香炭団」又は「銀葉」などを使い、間接的にお香を温め(適温は200度前後)お香(香木・煉香など)を用います。これを「空薫:そらだき」などと呼びます。


 一方、皆様も「焼香」「線香」などで御存じの通り、〈仏事で仏を供養する際〉には、お香を直接香炭に薫じる又は直接火をつけ『煙』をたてて用います。これは、焼香の煙が仏の元までお香を届けてくれるという解釈からとされています。
実際には、仏教だけでなく、キリスト教やイスラム教でもお香を薫じて神に祈りを捧げます。

 上記の通り、仏事などで用いる際のお香の焚き方は香炭に火をつけその上にお香を乗せるだけなので、香炉等の道具さえあれば簡単ですが、趣味の場合のお香の焚き方にはある程度の練習が必要となります。

 
 そこで誰でも簡単にお香が楽しめる様に作ったのが、本日紹介する「百ノ重」となります。
使い方は簡単で、付属の専用ローソクに火をつけ天皿に「お香(香木・煉香)」を乗せるだけで、香木本来の香りが穏やかに漂います。 本格的なお香を楽しみたい方の入門にぴったりな製品となっておりますので、ご興味のある方は是非お試しください。


薫物屋香楽オリジナル ローソク式簡易香炉 【百ノ重】
この香炉はお香を用いる際に最適な温度となるよう、一品一品手作りにて製造しており、付属のカップローソクも「百ノ重」専用品となっております。 
カラーは2色で、価格はそれぞれ【2,000円(税抜)】です



画像右:百ノ重(白) 画像左:百ノ重(黒
付属品:専用ローソク×3 / ローソク用コルク下敷×1 / スプーン×1

☆ギフト用として、白檀や沈香などをセットしたオーダーも可能ですので内容やご予算等お気軽にお問い合わせください

コメント

非公開コメント